法人様向けシャッター施工 店舗・倉庫用シャッター施工 個人向けシャッター施工 シャッター修理 シャッターお役立ち情報 会社概要・工事履歴
 
埼玉県知事許可(般-24)第49717号
建築工事業・建具工事業
トステム「クワトロ」責任施工認定店
「ソムフィキット」施工販売認定店
防火シャッター・ドア保守点検専門技術員
シャッター工事の裏側

シャッターお役立ち情報

防寒・省エネ・防塵対策にシャッターが役立ちます
砂埃の侵入を防ぎ、開閉による外部の冷気侵入を抑えるなど、ご家庭でも、工場・倉庫などでも、防寒・省エネ対策にシャ
ッターが役立ちます。

■住宅では■
電動窓シャッターが活躍します。サッシを閉めたまま開閉できますので、開閉時の砂埃や冷気の侵入を防ぎ、室内の空調
温度も保てます。
今お使いの手動シャッターを電動化することもできます。(大きさ制限があります)

■工場・倉庫では■
高速シートシャッターがお勧めです。
スチールシャッターの約20倍の高速自動開閉により空調効果が大幅アップします。
屋外からの冷気や埃などの異物混入も抑え、清潔で快適な作業空間を作ります。
食の安全や品質管理が重要な昨今では食品関係をはじめ、多くの工場・倉庫でご使用頂いています。
北風に注意!
北風で「シャッターが飛ばされた」という被害が毎年あります。お使いのシャッターを今一度点検して、被害を予防しまし
ょう。

■中柱の受け皿は腐っていませんか?
■ゴミは詰まっていませんか?
■左右のレールは痛んでいませんか?特に下部は腐りやすいです。

レールや柱でしっかりを固定しないと、風に煽られたシャッターが外れてしまいます。これらの部材は交換可能ですので、
ご相談下さい。
風の強い日はシャッターを閉めてカギを掛け、しっかり固定するのがよいのですが、開けておかなければならない場合は
全開にしましょう。寒いからと中途半端に少し開ける、という状態が一番危険です。
台風に備えて
例年、「台風でシャッターが飛ばされた」といった緊急修理が多く発生しています。
自然の猛威は恐ろしいものですが、以下の点に注意して備えましょう。

■中柱の受け皿の穴を掃除して、落とし金をしっかり固定しましょう。中柱が飛んで、シャッターがバラバラになる症例が
   多いです。
■シャッターは閉めてしっかり鍵を掛けましょう。中途半端な位置で開けていると、風に煽られて飛ばされやすくなります。

防雨型押しボタンスイッチ
にわか雨は、強風を伴って、普段は雨がかからない場所にも吹き込むことがあります。
電動シャッターの押しボタンスイッチに激しい雨がかかると、稀に漏電を起こし、作動不能になることがあります。
押しボタンスイッチが屋外に設置されている場合は、「防雨型」をご使用になることをお勧めします。
通常のものを後から防雨型に交換することも可能です。
メーカー問わず承りますので、お気軽にお問い合せ下さい。
こんな時は保険が使えます
梅雨明け、盛夏の季節は

■「落雷でモーターが壊れた」
■「急な増水でシャッターが歪んだ」
■ 「台風の風でシャッターが飛ばされた」

等のトラブルが多くなります。
このような天災による被害には「火災保険」が適応されることをご存じでしょうか。
当社では写真撮影や請求書類の作成等、保険申請の手続きも行っていますので、安心してご相談下さい。
尚、火災保険の契約形態によっては適用されない場合もありますので、お手元の証券を確認されるか、保険会社にご確認下さい。
ものを挟んでしまったら

シャッターの緊急修理で多いのがものを挟んでしまったという症例です。
挟んだ瞬間は大きな音もして驚いてしまいますね。

そこで慌てて「上昇」ボタンを押すと、スラットが傾いたままBox内に巻き取られ、緊急停止するか、ひどい場合は止まらずにBox内に巻き取られ、絡まってしまいます。

こうなるとボタンを押しても降りないだけでなく、スラットが痛んで交換が必要になったりします。

挟んでしまった場合は、

1. まず「停止」ボタンでシャッターを停止させ
2. 障害物を取り除いたあと

3. 「下降」ボタンでシャッターを土間まで降ろします

これにより、傾いたシャッターが水平に戻ります。
軽度の場合はそのままお使いになれますが、

■異音がする
■傾きが直らない

など以前と違う症状がでている場合は修整が必要ですのでご連絡下さい。
尚、ものを挟んだ瞬間にシャッターが緊急停止する障害物検知装置を後付することもできます。

(比較的新しいシャッターには標準装備されています)

手動シャッターが途中でひっかかって降りなくなってしまいました

修理依頼で多い症例です。
この場合はカギが開ききれず、中途半端な状態で開閉したためサイドのレールにひっかかっていることが殆どです。
シャッターカーテンとケースの間の空間から細い棒状のもの(開閉用のフック棒等)を挿入して、カギをきちんと戻して
下さい。たいてい直ります。